治療での健康被害の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

インプラントによる健康被害

近年、インプラントが原因による腫れや痛み、土台である人口歯根の破損、さらには化膿や炎症などの健康被害が増加しており、テレビや新聞などのメディアでもこの健康被害の問題が取り上げられるようになりました。日本でこの治療を行うには今現在、特別な国家資格が必要ではない為に、経験の浅い医師や医院が増えたこともこの問題を大きくした要因となっています。また、オーダーメイドで人工的に歯を作るわけですから、その費用も大きな金額となることからも、安心してインプラント治療を利用できる医院を見極めることが大切になっています。

歯の治療による健康被害

歯の治療は顔面、脳に近いため受けることによって多少のダメージを負うこともあります。その中でも、近年、健康被害の相談が多いのが、欠損した歯に土台を埋め込んで本物のような人工の歯を植えつけるインプラント治療です。画期的な歯科医療ですが、まだその歴史は浅く、そのため、歯科医の中には経験不足のままその治療を行っている人もいます。そういった歯科医に運悪く当たってしまうと、1年近く痛みや腫れが続く、痛くて物が噛めない、などの健康被害が起きてしまう可能性が高くなります。インプラント治療の全てが悪いわけではありませんが、もし治療を受けようと考えた場合は価格の安さで歯科医を選ぶのではなく、しっかりと調べた上で経験の豊富な歯科医院を選びましょう。

© Copyright インプラントと健康被害. All rights reserved.